2007年04月30日

お花づくし☆ミ

ホントツアーってお花好きだなぁ…。
というわけで月曜は”館林つつじと足利の藤”ツアー。
このコースは割りと好きだったりする(*ノωノ)連休中、出発地違いで2回行ったンだけど、わりと時間取れて好きだなぁv
月曜は都内発。
まず朝、バスが配車時刻にこない…。10分待っても来ない…。バス会社に電話する、連絡してみると言われる。電話がくる。もうすぐ着くと言われる。…集合時間過ぎてます(#゚Д゚)お客さんそろってますヽ(`Д´)ノ
そして遅れてきたドライバー、詫びの一つもねぇよ…客に謝れヽ(`Д´)ノ
はい、出発。
打ち合わせする間もなかったので、出発してから打ち合わせ。
途中SAで車内販売の試食品を載せて、車内販売をば…。うん、バスツアーなんて乗った事ないからビックリだったけど、車内販売なんてあるんだねw添乗員が販売するのさー何故かw試食の漬物は美味しかった(〃▽〃)w
行程順路を入れ替えて最初に佐野ラーメン工場へ。ラーメンの試食とショッピングしてー。次の目的地までの間に車内販売の注文取って〜。
はい、メインその1、あしかがフラワーパーク着。
ここもまたバスPが最奥でねぇ…この日はまだGWと言っても5月の3連休じゃないからそこまで酷くなく、Pまで30分くらいでつけたかな。バスPはガラガラなんだもの(/ω\)
このフラワーパーク、オールシーズン色んな花が咲いてるってことで、よくツアー出るらしいんだけど、この季節の藤はマジで見物。天然記念物?だかに指定されてる大藤はホントめっちゃでかい!圧巻〜。花も7分くらいだったかなぁ、ほぼ見頃。紅藤は満開だったし。お客さんの多くが目当てだった世界で1つしかないってゆー白藤のトンネルは残念ながら1分咲きだったけど(´・ω・`)
連休じゃないときに個人でゆっくり回りたいなぁなんて思った〜。苗とかも売ってたし(*´д`)そこまで遠い距離じゃないからね〜(-ω☆)
ともあれ、各地・各社からツアー出てるものだから、人人人…お弁当食べる場所もないだろうなぁ…みたいな。乗務員添乗員は休憩所あるからそこで食べるんだけどさ(/ω\)

はい、そしてメインその2、館林つつじヶ丘公園
ここも調度ヤマツツジが満開過ぎでキリシマツツジが見頃〜っていうとってもいい時期vお花ツアーだとお花見頃だとお客さんご機嫌になるからいいねいいね。しかも天気もいいしね(´ω`*)b
バスPまでは相変わらずすごい渋滞だったけど…それでも他より行程ずらすたのと、早かったのとでそこまで並ばずにいけました(-ω☆)
無事全行程終わって、東京帰着が17時…あれ?早すぎ?とは思ったけど、予定通りの時間は取ったし、逆に@15分も出るのが遅かったら渋滞だっただろうな〜ってことでお客さんも理解してくれてるし大満足なご様子でしたヾ(=Eω・)ノ゙
アンケの評価もまずまずだったしね!
旗がないから不満…とか知りません。用意できなかったのは私個人の問題じゃないもの(/ω\)ツアー多すぎて会社側の数足りてないのよね(´・ω・`)






でもまぁ連休中に観光地に行くッテコトは、人ゴミに行くんだってことぐらい当然だよね。連休に出かけるってことは渋滞、満員?は付き物だと思う。東京のお客さんは割と解ってる人が多くてホント助かったゎー。
ツアコンの仕事をキチっとしてればちゃんと評価してくれる。+αはαで評価してくれる。
ローカル行けば行くほど、渋滞でキレたり、機嫌悪くなったり、人ばっかだったわーとか文句言う人が多い。
ツアコンに対しても、ガイドしろだの案内しろだの要求するのもローカル。東京の人の方が、割とツアコンの仕事が何だかを解っててくれて、こちらがするガイドはオマケなんだって解ってる。そりゃサービス精神でするものだからさ。なくて当然で、あったらラッキーくらいのものだと思うんだよね。いくらサービス業でも、正直そこまで余裕ないんだよ。私が始めたばかりってのもあるかもしれないけど、連絡やら、予定やら、書類やらってやってたら、ご案内してる時間もないし、そもそも予習して資料読んでそろえて〜って時間は本当にない。台本誰かが用意してくれるならイイケド、基本的に前日に打ち合わせして、そこで初めて行く場所解って…バス割りから立ち寄り先に確認電話やらして…そんなこんなしてたら夜ですよ。ついでに打ち合わせはどんなに時間かかろうが1500円しか出ないんです(ぁ
それで観光地のガイドまで資料揃えるのはホントにサービスだと思う。1度行った場所ならその手間も省けるけどね。
ガイドの案内ありませんってパンフにも書いてあるんだけど…いかんせん読んでない客のが多いわな(´・ω・`)
posted by みかん箱 at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。